コタキナバルで運転 レンタカー借りても問題ない道路事情 国外運転免許証を持って行こう。

マレーシア

コタキナバルの道路を運転して移動してみました。
ちなみに私が海外で運転したことがあるのはアメリカだけです。
マレーシアでの初運転。
ドキドキしながら挑戦したものの、心配していたほどのクレイジーな道路事情ではなく安心して運転できました。

コタキナバルでの運転は容易

コタキナバルは道も広く運転しやすいです。

ちょっと最初に手間取るのは十時の交差点ではなくロータリー式の交差点が多いことでしょうか。
流れにそって入れば大丈夫。慣れればなんてことありません。

バイクもそれほど多いわけではなく、周りの車もみんなのんびりと走っています。

現地在住の日本人に聞くとコタキナバルのあるボルネオ島は、マレーシアの中でものんびりした地域だそうです。
日本でいうなら沖縄のようにゆったりした空気が流れているとのこと。

コタキナバルに移住した私の知人の奥様も、半年も経たないうちに普通に子供の送り向かいなどを自家用車で行っていました。

ということで、コタキナバルで運転するのは日本で普段運転する人にとってさほど難しくないと言えると思います。

クーラーしかないマレーシアの車

国外運転免許証を持って行こう

コタキナバルでレンタカーを借りるなら国外運転免許証(国際免許とか言われている)を持っていくべきです。
自分の住民票のある免許センターや一部の警察署で2400円で発行できます。
免許証が英訳されていて、海外の人が見ても分かるようになっています。
これをレンタカー屋さんで提示します。

レンタカーはコタキナバル空港からが便利

コタキナバル空港には世界最大手のレンタカー会社であるHertzをはじめとして、いくつかのレンタカー会社がカウンターを構えています。

現地に行って比較するのは非効率的ですし、言語の面でもスムーズに行くことはないと思いますので、日本で比較サイトなどを用いてあらかじめ検討、予約しておくことをおすすめします。
といってもマレーシアのレンタカーに対応した比較サイトは極端に少ないのですが。

小型車なら日本円で1日3000円くらいからでレンタルできます。

なんだかんだ言って送迎サービスが最強かも

レンタカーも好き勝手にいろんなところに行けていいのですが、街中で駐車すると駐車料金も必要ですし、ホテルの駐車場に一晩置いておくのにもお金はかかります。

コタキナバルはオプショナルツアーも送迎がついているものが多いですので、空港からホテルまで移動してしまえばそもそもレンタカーなど必要ないケースの方が多いかもしれませんね。

また日本の旅行会社が行っている送迎サービスを利用するのもコタキナバル空港から宿泊予定のホテルまでの移動手段にいいのではと思います。
ゴルフバックなどの大きい荷物も載せられるようなので、ゴルフ旅行の方も安心ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました